ハンディキャップを抱えていながらも、一人一人の個性を活かせる企業は多くあります。その選択肢を私たちが明らかにします。

1990年代、当時の障害者の転職活動は、「情報不足によるミスマッチが多い」「離職率が高い」「新卒の就職率が低い」「障害者人材サービスがなく、マッチング機会がない」といった問題がありました。そこで求人だけを紹介するのではなく、求職者と企業がともに満足できるベストマッチングを行えるよう障害者雇用を専門とした人材紹介サービスを立ち上げました。

転職アドバイザーが転職希望者のご希望を丁寧に伺うことで、条件に見合った求人を一緒に探し、就職までの無料サポートを行います。また、求人企業に対してはコンサルタントが採用・受入れノウハウや人材市場のトレンド等の情報を提供しながら、採用すべき人材イメージを共有することで、最適なマッチングを行い、採用の成功までお手伝いします。


業界での転職サポート実績数は圧倒的No.1です。